PURCHINEERING 2.0

エンジニアにより作成される部品・・・誰がコントロールするのか??

すべてのエンジニアがインテリジェント検索メソッドを利用すれば、標準部品、または、購買部門により指定された推奨部品が優先的に使用され、自社の部品ポートフォリオは理想的な状態に保たれます。

しかし、もしエンジニアが検索を実行しない、または、実行しても表面的に行う程度であった場合何が起こるでしょうか?部品種類の増加、市場で安価に購入可能な部品を自社でコストをかけて製作してしまう、枠組契約を結んでいる優先すべきサプライヤが無視されるなど、製品コスト増加に繋がる様々な問題が発生します。

PURCHINEERING 2.0:高い信頼性とチェック機能

PURCHINEERING2.0を取り入れることで、すべての新規作成部品がバックグラウンドでチェックされ、その部品を本当に新規作成する必要があるか吟味します。もし新規作成がふさわしくない場合、夜間にレポートが作成され、関連するエンジニアにそれが転送されます。

必要ならば、様々なエスカレーションレベルを決定することもできます。例えば、図のように、チェックイン後2つ以上のチェックで引っかかった場合、そのレポートを直属の上司にも転送するなどです。