Make or Buy

「作るべきか、買うべきか?」の分析

多くの企業では、市場にあるサプライヤ部品が利用可能であるにもかかわらず、主要部品を自社製作します。しかしながら、サプライヤ部品の利用が増加すれば企業の新製品開発力が向上します。なぜなら、企業は自社のコアコンピタンスへより多くのリソースを割り振ることできるようになるからです。

例えば自社設計品とサプライヤ部品の形状検索を実現できるのはPARTsolutionsだけです。採用実績のないサプライヤ部品を含むグローバルな市場にある同じ形、または似た形状の部品を見つけてくることができます。