再利用部品

新規部品より再利用部品

基本的に、新規に作成された部品は高コストです。これらのコストは、製品のライフサイクル全体を通じて発生し、その額は初期のデータ作成費用を大きく超えます。

1コンポーネントの製品ライフサイクルコストはいくらか?

(データ作成、在庫確保、固定費、ライフサイクル終了後の交換、など)

1,100 点の部品削減で1億円以上のコスト削減(Starlinger & Co. GmbH

独Starlinger社は、新規部品発生のトレンドがマイナストレンドに転じました。これは、以前までのPARTsolutionsなしの場合には見られなかったであろうトレンドの転換です。

結果:

ある調査期間の中で、PARTsolutionsにより新規部品数が約1,100個削減されました。

1つの新規部品につき、製造コストに約8.4万円、年間のメンテナンスコストに1.2 万円 と見積られ、部品増加の抑制と再利用の増加による効果で、1億円以上のコスト削減に成功しました。