既存の部品データベースを整理統合

重複コピー排除の可能性を分析

ほとんどの企業では、新規部品データが発生する度に、自社のデータベースに情報を格納します。この繰り返される登録作業の中で、
例えばタイプミスや間違った属性値の追加などの理由で、重複コピーが発生します。
PARTsolutionsならば、将来的な重複コピーを発生させません。

  • インテリジェント検索メソッドが問題となる部品を見つけ、重複コピーの発生を防ぐ
  • 重複レポートを自動作成し、マスターデータがどのように整備されているか示す
0%
調査企業のうち65%が、 データベース内に重複コピーがあると回答しています。
Source: Survey parts management and product development process in the industry, CADENAS 2015
 CADENAS PARTsolutionsを使い、はじめに私たちのパーツ情報の中に、一様な構造を持たせました。きれいにアレンジされたカタログ構造は、コンポーネントを見つけやすく、そしてコンポーネントの増殖的拡散を良識的に抑えています。 
Eberhard Ilg
Technische Leitung
ELWEMA Automotive GmbH (AIM - Assembly in Motion GmbH)