クラシフィケーションの障害

クラシフィケーション(部品の分類)の作成には、大きな労力を要するが
その結果どうなるのか??

ハードル1:どんなシステムが正しいのか?

一般的なクラシフィケーションシステムは、例えばeCL@ssがあり、ICSなどの標準コンポーネントに最適です。ただ企業固有の製品の面では、通常は不十分の場合が多いです。

多くの企業が失敗するもう一つのハードルが、製品の機能別(締結、切削、穴あけ…)、か、それとも種類別(ねじ、ナット…)か、どちらで分類するべきかという問いにあります。

ハードル2:手動での分類は時間や労力が必要

今あるクラシフィケーションシステムに、手動で部品を正確に分類するには非常に時間と労力がかかります。
したがって、適切でないカテゴリに分類する等、エラーの多いクラシフィケーションになる可能性が高いといえます。

ハードル3:ユーザーや言語の障壁によって、統一したルール策定は困難

企業は部品マスターデータのために、正確なクラシフィケーションを作成しようと正しい分類の定義を試行してきましたが、たくさんの失敗を重ねてきました。しかし、ごく少数の企業が100%正しく分類された部品マスターデータを持っていることが判明し、その理由がようやく明らかになりました:同じ組織のメンバーでも、部品の分け方についての違う認識を持っています。専門家は、3人のメンバー間で、ある1つのコンポーネントの分類について一致する割合は約30%程度という推定値を算出しています。

ドイツ語は部品を分類するクラシフィケーションに非常に適していますが、他の言語では明確に表すことができない多くの技術 用語があります。このことは多言語化が避けられない企業ではコンポーネントの正確な分類をより困難にします。