マルチCAD対応

仕事を顧客に丸投げしてはいけません

部品メーカーは、2D図面に寸法をつければ顧客のニーズを満たせると考えがちです。エンジニアは必要な3Dモデルを自分で作成することができるからです。

こうしてやるべき仕事は顧客に丸投げされ、必要以上に多重化していきます。部品メーカーが一度行えば済むところを、顧客が何千回とモデリングする羽目になるのです。

100を超えるネイティブCAD フォーマット

すべてのCADシステム、すべてのバージョンに適切なCADモデルを用意することは不可能でしょうか? eCATALOGsolutionsなら可能です!

貴社の部品データを、100種類以上の一般的なCADシステム(CATIA®、Autodesk Inventor®、 SolidWorks ®、Creo Parametric、NX™、 AutoCAD®、SolidEdge® など)に対応したネイティブフォーマットでエンジニアに提供することができます。

現在使われているどんなCADシステムやバージョンも、単独で市場シェアが15%を超えることはめったにありません。しかしCADENAS のマルチCADソリューションなら、市場シェアの95%以上をカバーすることができます。