機密情報、企業秘密を守るCADENAS のエンジニアリングデータ

模造された製品は、顧客の期待には合いません。また、それはイメージの損失だけでなく、顧客と利益の減少を引き起こします。そのため、製品の著作権、企業秘密の保護は、最優先事項であって当然です。

情報漏洩を無くし、エンジニアにとって必要な技術情報を付加することが重要です。

製品製造のためのCADモデル

社内の設計図面、3D モデルがダウンロードされた場合、知的財産が開示されてしまう大きなリスクがあります。設計図面には、許容誤差などを含むすべての生産上の情報、機密情報が含まれているからです。

  • 製品の秘密が含まれています
  • 競合企業が簡単にコピーできてしまいます

固まり・過度な単純化

固まりのモデルは、製品の情報漏洩を防ぐ点では優れていますが、一方で販売促進においては機会損失、潜在的なセールスチャンスを逃します。あまりに単純化された3D モデルは製品のアウトラインのみを伝えることしかできず、エンジニアが自身の設計の中に組み込み、検討する事を困難にしてしまいます。また、情報量の多いCADモデルを提供される競合メーカーがあると、先を越されてしまいます。

  • インテリジェント性なし
  • 可動情報なし
  • Industry 4.0、IoT、 他のプロセスで役に立たない

CADENASのエンジニアリングデータモデル

CADENASのプロダクトeカタログ、そして、インテリジェントエンジニアリングデータには、エンジニアと設計者が日々の作業に必要とするすべての情報(例えば、材質、可動情報、幾何形状など)を含めることが可能です。そして、貴社の重要な機密情報は保護することが可能です。

  • 可動情報、ネジ径・ネジ種類、機能など、 すべての必要な情報を含めることが可能

eCATALOGsolutionsのテクノロジーで実現するプロダクトeカタログは、 貴社のCADデータに設計プロセスで必要となる十分な情報を与えます。