2020

革新的なオクルージョン機能が、拡張現実(AR:Augmented Reality)にまったく新しい視点を提供します。CADENASの革新的な検索エンジン3Dfind.itのCADモデルは、現実にある物体の後ろに配置することが可能になりました。

ドイツのRP-Technik GmbHは、革新的なLED技術を用いた非常用照明と安全照明の特許を保有する国際メーカーです。RP-Technik社は、CADENASのeCATALOGsolutionsを基盤とした3D CAD製品カタログとして、同社の製品ラインナップから最初の製品群の提供を開始しました。CADENASのPARTcommunityと3Dfind.it、そしてRP-Technik社のWebサイト内のBIM製品エリアで利用可能です。

3D CADモデルをオンラインで配信することはもはや贅沢なことではなく、必然です。CADデータの配信方法にどのような選択肢があるか、4つの方法について分析し、それぞれの長所と短所をご紹介します。

製造業のマーケティング担当者や部品メーカーは2020年のCADダウンロードのトレンドについて何を押さえておくべきでしょうか? 貴社の日常業務や最終利益に影響を及ぼしうる、3D CADを巡る5つのトレンドについて見ていきましょう。

新たな年の始まりに、昨年の素晴らしい記録についてのニュースです。2019年の1年間に数々のメーカーカタログからダウンロードされたCADエンジニアリングデータの数は4億500万回以上に上りました。PARTcommunityでのダウンロード数は一貫して増加を続けており、年間では13年連続での記録更新となっています。