なぜ製品情報のデジタル化が最優先事項なのか

これからの企業が競争力を維持するためには、明確な方向性を持ったデジタル化戦略が不可欠です。

部品メーカーが何よりもまず明確にするべきなのは、製品の選択に決定的な影響を及ぼすのが誰なのかです。

プロセスチェーンを遡ってみれば、設計に携わるエンジニアや建築設計者が部品選定を主導していることがわかります。

したがって、デジタルサービスを彼らのニーズに最適化することが重要となります。

eCATALOGslutionsを利用したデジタル化戦略の恩恵を、多くの部品メーカーが受けています

Toshiba sales leads increased by 360 % with embedded technology by CADENAS.
KETTEN FUCHS achieved a clear increase in sales with 3D CAD models by CADENAS.
HUGRO increased its number of downloads within a year by 56 % with CADENAS.
With the PARTcommunity solution, the sales of our components increased by 30%.
PARTcommunity supplies us with high quality leads. Approx. 80% of the requests can become customers.
We saw our downloads double overnight when we switched to the CADENAS 3D CAD catalog.
230% increase in CAD downloads and 30 % increase in sales leads in the last 12 months.
製品情報のデジタル化を進めて
競争力の拡大を検討しませんか?

貴社に最適な製品データの提供方法を無料でアドバイスいたします

詳しく見る

エンジニアリング業務のデジタル化

デジタル化はエンジニアリング業務プロセスを根本的に変えつつあります。3D CADモデルはよりインテリジェントな4Dデータ、いわゆるデジタルツインに置き換わりつつあります。例えばシミューレーションツールとの連携により、技術プラントの試運転をバーチャル環境で事前にテストする、制御システムの詳細設定をデジタル調整するといったことが可能となっています。

今デジタル化をしておかなければ、後に費用がかさむ結果となります
Marcel Nagel,
Director Global Digital Customer Engagement & Services,
SCHUNK GmbH & Co. KG

エンジニアリング業務プロセスをデジタル化する過程で、デジタル製品データは単なる形状だけでなく、稼働情報、運動方向、自由度、加速度、減速度、ノズルやコネクタの情報、重心など、多岐に渡る付帯情報を持たなければなりません。

貴社製品が設計プロセスで検討候補として挙がるかは、製品データが最新のエンジニアリングプロセスに適しているかにかかっています。

2020年内の展示会はすべて中止となっています!

2020年の異例の事態により、世界中で2083ものトレードショーや展示会が延期または中止となっています。
(4月8日現在、dfv Mediengruppe調べ)

さらに、セールス担当者が見込み客に対して面会予約を取ることも非常に難しくなっています。

セールス活動のためのソリューション

CADENASが提供するデジタルツインにお任せください

CADENASのプラットフォームに掲載されたデジタル製品データは、3月の月間で45,706,094回ダウンロードされています。これは2月との比較で19%以上もの増加に当たります。この数値は、現在の異例の事態において3D CADやBIMモデル、そしてデジタルツインのニーズがかつてないほどに高まっていることを表しています。

3Dfindit.comやPARTcommunityでの3D CADダウンロード実績

デジタルデータで販売促進を目指すための
5つの要素

1

手間をかけずに製品データをCADに取り込むことが可能

部品メーカーの最終目標は、自社製品が設計プロセスに確実に組み込まれることです。

ファイルの互換性の問題や、保存・インポート・複数のシステム間での変換、といった煩わしい中間工程なしにデジタルのエンジニアリングデータが利用できれば、その成功率がアップします。

エレクトロニック製品カタログがあれば、貴社製品を顧客のCADシステムでダイレクトに使用してもらうことが可能となります。

貴社製品のデータをCADシステム上で
利用可能にしませんか?

製品データをシームレスにエンジニアリング業務プロセスに組み込ませる方法を
無料でアドバイスいたします

詳しく見る
2

インテリジェントな検索方法で製品を簡単に見つけることができる

エンジニアや建築設計者は、業務時間の27%を情報検索に費やしています。

時間のかかる検索作業を大幅に削減するため、彼らはインテリジェントな検索機能を備えた、デジタルデータの検索エンジン3Dfindit.comを活用します。

貴社のデジタル製品カタログを3Dfindit.comに掲載し、貴社製品を数回のクリックで見つけてもらえるようにしましょう。

形状検索

参照部品を元に
形状が類似した部品を検索

機能検索

機能から3D部品を検索

カラー検索

色で3D部品を検索

2Dスケッチ検索

簡単な2Dスケッチを描いて
類似した部品を検索

貴社製品のデータを検索でヒットさせませんか?

エンジニア、建築家、設計者に貴社製品を見つけてもらう方法をご紹介します

詳しく見る
3

包括的でインテリジェントな製品データを提供する

エンジニアや製品開発者は革新的な製品の開発に集中したいと考えています。メーカーが提供するのがシンプルなCADモデルだけであれば、エンジニアは必要な関連情報をすべて調べ、CADでの設計中に手作業で補わなければならず、多くの時間を費やすことになってしまいます。

対してインテリジェントな製品データ、いわゆるデジタルツインには、必要な情報があらかじめすべて含まれています。これにより、日々の設計作業にかかる時間が大幅に短縮され、市場投入までの時間も劇的に早くなります。高品質な製品データを持つ部品メーカーは、この点で明らかに優位となります。

部品データをインテリジェントにする要素とは?

CADENASのエレクトロニック製品カタログを使用すれば、単なるCADモデル以上のものを配信することができます。インテリジェントなエンジニアリングデータは、稼働情報や運動方向、自由度、加速度、減速度、ノズル、コネクタ、重心などの多岐に渡る追加情報を提供することが可能です。このように部品メーカーは、エンジニアリングプロセスをデジタル化する上で最適なサポートを顧客に提供することができるようになります。

インテリジェントなデジタル製品データが提供すべき情報

ハイライトされた部品をクリックいただくと、デジタルツインがどのような情報を含んでいるかご覧いただけます。
インテリジェントな製品データを提供しませんか?

未来志向型のテクノロジーで貴社顧客を積極的にサポートする方法と
その可能性について、専門スタッフがアドバイスいたしします

詳しく見る
4

製品データを世界中で24時間いつでも入手可能にする

0

リードの獲得を展示会などの従来のマーケティング戦略だけに頼るのは、もはや十分ではありません。展示会で獲得できるコンタクト情報は高コストな上に数も限定的です。

今やマーケティングの未来はデジタル化にかかっています。eCATALOGsolutionsを用いたエレクトロニック製品カタログは、貴社製品に広範かつ国際的なマーケティングの機会を提供します。これにより、多くのリードを創出することができるだけでなく、1リードあたりのコストを大幅に削減することができます。

貴社のマーケティング戦略を最適化し、
より多くの引き合いを獲得しませんか?

エレクトロニック製品カタログへの投資費用がどのくらい早く回収できるか、
貴社と一緒に投資収益率 (ROI) を計算してご紹介します

詳しく見る
5

適切な製品を、適切なタイミングで、適切な相手に提供する

スマートエンジニアリングソリューションを備えたエレクトロニック製品カタログは、部品メーカーのセールスに革命をもたらしています。

3D CADダウンロードポータルは、最適なリサーチプラットフォームとしてエンジニアや購買担当者にサービスを提供しています。それぞれのダウンロードプロセスでユーザーの興味関心に関する貴重な情報が獲得でき、それを元にユーザーの動向を分析することができます。

こうして貴社のセールス部門は顧客との距離をさらに縮め、顧客のニーズを把握することができ、セールスプロセスを改善することができます。

貴社顧客についての理解を深めませんか?

手間をかけずにセールスの可能性を最大限に引き出す方法をご紹介します

詳しく見る
!

今すぐご相談ください

製品情報のデジタル化は、貴社のセールス・マーケティング戦略にまったく新しい可能性をもたらします。インテリジェントなエンジニアリングデータやデジタルツインを提供することで、貴社顧客の製品開発プロセスに多大な貢献ができます。貴社製品は設計プロセスに優先的に組み込まれるようになり、その結果、セールスにプラスの効果をもたらします。

小さく初めて、大きく飛躍

STEP or RFA インポート
簡易的なスタート
既存ソリューションに対しマルチCAD & 3Dプレビューを付加
高機能な部品データ
2020年市場での要求水準
稼働情報や重心、接続ポイントなど、 その他多くの情報を付加した 高機能なCADデータ
デジタルツイン
デジタル化のパイオニア
各システム、各インダストリーで利用可能な シミュレーションに対応した製品データ
推奨分野
既存のデータの使用
マルチCAD対応
3Dプレビュー
オンライン市場でのマーケティング(およそ2400万ユーザー)
多言語でのサポートと属性情報
製品選定ロジック
知的財産の保護性
3D寸法
AR(拡張現実)
色 & テクスチュアー
複数の詳細レベル(LOD、LOI、LOG)
高性能ホットスポット
完全なBIMデータ
シミュレーション情報と動き
個別の製品選定 & アシスタント
貴社での必要作業
貴社顧客サイドでの手直し作業
小規模な製造者や販売店
構成部品メーカー
大規模な構成部品メーカー
建築分野
メカニカルエンジニアリング
エレクトロニカルエンジニアリング
電子分野
プラント建設
その他多数
市場リーダー
トップ製造業者
パイオニアやオピニオンリーダー
中~多
なし

無料相談の希望項目

* は入力必須項目です。