キャデナスのPURCHINEERINGで早期に「虫」を捕まえる

キャデナスのPARTsolutionsで購買部門の早期関与を実現する

製品の開発中には、どの部品が最良かを巡って部門間での意見の相違が頻繁に生じます。購買部門が最も安価な製品を好む一方、エンジニアは技術的に最も優れた製品を選びます。実際には、購買部門が早期に関与するのは稀なことです。「早起きする鳥は虫を捕まえる」という諺はキャデナスのPURCHINEERING 2.0のコンセプトに当てはまります。戦略的パーツマネジメントPARTsolutionsにより、購買部門が製品開発のプロセスに早期に関与することが可能となります。

任せきりにするのではなくチェックする

エンジニアがインテリジェント検索メソッドを利用できれば、購買部門によって選別された標準部品や購買部品は確実に設計に使用されるでしょう。しかし、エンジニアが検索を行わない、もしくは表面的な検索しか行わない場合はどうでしょう? 部品とサプライヤーの数がどんどん増大したり、入手可能な購入部品があるにも関わらず自社で部品を製作したり、包括契約の存在する優先サプライヤーが無視されることになったりします。

PURCHINEERING 2.0では、新たにチェックインされた全部品を自動的にバックグラウンドでモニターし、その部品を新しく製作する必要が本当にあるのかをチェックします。その必要がないと判定されれば、夜のうちにレポートが作成され、関係のあるエンジニアに送信されます。

PURCHINEERINGのチェック機能

すでにPLMシステムに組み込まれている部品であれば、信号機のような色分けで優先部品や優先サプライヤーを明確化します。エンジニアは購買部門がグリーンを付けた部品だけを設計に使うことができます。本当に新しい部品が必要な場合には規定の承認プロセスを通さなければいけません。

キャデナスのPURCHINEERINGについてのより詳細な情報は以下のリンクをご覧ください。

http://www.cadenas.co.jp/jp/products/partsolutions/purchineering/motivation



詳細資料ダウンロード

PARTsolutions 総合カタログ

PARTsolutions(パーツソリューションズ)の総合カタログです。開発から後工程まで多部門に渡り効果を発揮する戦略的部品管理のコンセプトをわかりやすく、色々な活用例を交えてご紹介いたします。

> PARTsolutions カタログを見る

お問い合わせ

PARTsolutionsに関するご質問は、お問い合わせフォームまたは下記までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先:
キャデナス・ウェブ・ツー・キャド株式会社
PARTsolutions 担当
TEL:03-5961-5031 / FAX:03-5961-5032

Go back