クロアチアで開催された模型航空競技の世界選手権にキャデナスが協賛

5月と6月にクロアチアのスラヴォンスキ・ブロドでグライダーと電動航空機の世界選手権が開催されました。

クロアチアで開催された模型航空競技の世界選手権にキャデナスが協賛

キャデナスは今年、クロアチアのスラヴォンスキ・ブロドで開催された模型航空競技の国際選手権「FAI F3K Kup Broda」と「F5J Kup Broda」に協賛しました。

熱心な模型飛行士でもあるクロアチア支社代表の尽力により、昨年のキャデナス・サマーイベントで模型航空機の競技会が行われました。これによって社員の関心が高まり、クロアチアのチームは今年、地元スラヴォンスキ・ブロドでの「FAI F3K Kup Broda」と「FAI F5J Kup Broda」に協賛として参加することとなったのです。

厳格なルールによって生み出される高水準なパフォーマンス

競技のルールは国際航空連盟(FAI)によって明確に定義されています。

5月25日と26日に行われた「FAI F3K」は、手投げ発航のRCグライダーを用いて特定のタスクを達成することによって競うマルチタスク競技です。競技は10分間の作業時間内に最低5ラウンド行わねばなりません。模型航空機は小さく、手投げで発航されます。

6月上旬に行われた「FAI F5J」では、航空機はより大きく電動モーターを備えているためルールはより厳格です。離陸、飛行、着陸の各フェーズは厳密に規定されており、ルールからの逸脱は減点によるペナルティの対象となります。しかし、競技を難しくしたのは厳格なルールだけではありませんでした。

多くのキャデナス社員が積極的に大会運営をサポート

参加者は風雨だけでなくコウノトリの妨害とも戦わねばなりませんでした。しかし、最後には幸運な勝者を選ぶことができ、勝者にはトロフィー、キャデナス・チームのシャツ、電動モーター付きのグライダーが授与されました。

キャデナス・チームはラインジャッジ、ポイントジャッジ、授賞式での写真撮影でも大会をサポートしました。

「FAI F5J」競技の様子は以下の動画をご覧ください。

次は電動モーター付きグライダーのクロアチア全国選手権が6月22日と23日に開催される予定です。キャデナスも引き続き協賛として参加します。

Go back