[事例] デジタルツインとゲームテクノロジー:CADENASの部品メーカーカタログがGame4Automationで利用可能に

機械エンジニアリングにおけるバーチャルコミッショニングの基盤として無数の3D CADモデルにアクセス

独in2Sight GmbHのGame4Automationは、エンジニアや設計者に500を超える部品カタログの数百万もの3D CADモデルへのアクセスを提供しています。部品メーカーのオリジナルデータはCADENASのeCATALOGsolutionsテクノロジーをベースとしており、自動化された環境における視覚化、バーチャルコミッショニング、バーチャルリアリティー(VR)、拡張現実(AR)の無料開発フレームワークであるGame4Automationにダイレクトに組み込むことができます。エンジニアリング向けのGame4Automationフレームワークは、商用ゲームの開発環境であるUnityをベースとしており、Unity内でデジタルツインを実現するのに必要な手段を提供します。通常はゲームの開発において、大規模なシステムでもフォトリアリスティックな品質の非常に迫力のある視覚化を実現するのに用いられます。

わずか数クリックで3D CADモデルが使用可能に

CADENASの「parts4cad」プラグインをGame4Automationに組み込むことで、ユーザーはバーチャルコミッショニングに必要な部品を見つけるために何時間もインターネットを探し回る必要がなくなります。このプラグインにより、目的の3D部品データの個々の選定を簡単に行うことができ、わずか数クリックでダイレクトに組み込むことができます。

「Game4Automationとの緊密な協力により、Unityベースの新しいバーチャルコミッショニングやシミュレーションソフトウェアに向けたデジタルツインを相互開発することも目指しています。新しいソリューションはAutomationMLに基づき、FMI/FMU動作モデルの更なるステップで構築されます」(Jürgen Heimbach/CADENAS, CEO)

「CADENASのparts4cadをGame4Automationに組み込むことで、エンジニアリング企業はUnity上での視覚化とシミュレーションをCADENASの部品ライブラリに基づいて簡単に作成できます。FMUの動作モデルはバーチャルコミッショニングにも使用できます。独自のライブラリをセットアップして維持する必要はありません。これはユーザーにとって大幅な時間短縮になります」(Thomas Strigl氏/in2Sight, CEO)

CADENASのUnity向けparts4cadプラグインは以下からご利用いただけます。
www.game4automation.com/parts4cad

Game4Automationについての詳しい情報は以下をご覧ください。
www.game4automation.com

本記事はUnity Technologies及びその関連会社によるスポンサードまたは提携を受けているものではありません。Unity は、Unity Technologies及びその関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。



CADENASのソリューションについてのお問い合わせはこちらから

CADENASが提供するソリューションに関するご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • CADENASの製品コンフィグレーターで何ができるのか?
  • 3D CADダウンロードのメリットは?
  • CADダウンロードで売上を増やすには?

※個人情報の取り扱い方針につきましては、プライバシーポリシーをご参照ください。

* は入力必須項目です。

お電話でのお問合せは下記より承っております。

   03-5961-5031  受付時間 9:00~18:00(土日祝休)

資料ダウンロード

eCATALOGsolutions 総合カタログ

eCATALOGsolutionsの総合カタログです。3D CADモデルの配信を通じた販売促進ソリューションのメリットと、それを支えるCADENASのテクノロジーをわかりやすくご紹介します。

> eCATALOGsolutions カタログを見る

Go back