[事例] 日東工器株式会社がCADENASのサービスでCADデータ配信を開始

概要

迅速流体継手「カプラ」を製造販売する日東工器株式会社がCADENAS PARTcommunityで下記CADデータの配信を開始しました。

・中低圧用(両路開放型)TSPカプラ

・複数配管接続用(両路開閉型/片路開閉型)マルチカプラMAM-A型



※これからも順次製品を追加します。

日東工器担当者様へのインタビュー

今回は日東工器担当者様にお話をうかがうことができました。各顧客に最適なフォーマット(マルチフォーマット対応)で、かつタイムリーに3Dデータを提供できる配信システムと、単に言われたとおりにデータを作るのではなく、CADENASのこれまでの豊富な経験に裏打ちされたコンサルティングに高いご評価をいただきました。

以下インタビューです。

- キャデナス・ウェブ・ツー・キャド検討のきっかけ、背景は何でしたか?

カプラ開発部T部長:お客様からの3D CADデータの要望が増えてきたことで、設計者の仕事が設計以外の部分に割かれるようになったためです。

- 弊社提供サービスで気に入った点は何でしたか?

カプラ開発部T部長:ほとんどの3D CADに対応したフォーマットでお客様にデータをタイムリーに提供できることと、プレビュー画面で立体的に商品全体のイメージを確認できることです。

3Dデータ製作にあたって、お客様がより使いやすいデータとなるようアドバイスをいただけました。

- 弊社サービス導入によって、貴社のどのような問題の解決策になりましたか?

カプラ開発部T部長:今まではお客様から3Dデータの依頼がある度にSTEPファイルで提供し、一度製作したデータは次のためにSTEPファイルで保存していました。

ところがお客様ごとに要求データ形式が異なる場合があるため、その都度データ変換の必要があり非常に手間がかかっていましたが、キャデナスさんのサービスでその必要がなくなりました。

カプラという商品の性質上ソケットとプラグが嵌合したり、取付部がねじだったりするので、お客様が3Dデータを使用する際データ同士の干渉の問題がありました。

今までは干渉を無視した形でデータを提供していましたが、3Dデータを扱う上で干渉の問題は無視できない問題だということがわかり、それを回避するためのアドバイスをいただき、お客様にとってより活用しやすい3Dデータになったと思います。

これらの全てはお客様の満足度向上につながるもので、当社が考えていた以上のサービスをお客様に提供できたと思います。

これはキャデナスさんが私共だけでなく、その先のお客様を見据えたサービス提供の取り組みがあったからこその結果だと思います。

これからも「技術で、人を想う。」日東工器にご期待ください!

日東工器株式会社について

1956年の創業以来、「省力・省人化」をテーマに時代のニーズに応える独創的な製品を開発しています。
特に迅速流体継手「カプラ」は自動車、電気製品、半導体、食品などの製造工場をはじめ、資源開発の現場や、燃料電池自動車などの輸送機器等、世界中で高いシェアを有しています。
他にも機械工具、リニア駆動ポンプ、ドアクローザーなど、産業界で欠かせない多くの製品を世の中に送り出しています。

URL : http://www.nitto-kohki.co.jp/

Go back