多くのお客様より3DCADデータのご要望を頂いており自社での製作を検討していました。しかし、いざ自社で3DCADデータを内製しようとすると時間、設備、配布の方法等様々な問題がありました。CADENASのサービスは以上の問題を解決し、また対応も早いとあり採用させて頂きました。 
株式会社ユーエイキャスター

集客を助ける4つの手段

革新的な展示会戦略 -より多くの注目を集めるために-

CADENASの電子カタログサービスは貴社が展示会において、斬新且つ印象的なプレゼンテーションを行うためのお手伝いをいたします。

ここでは展示会でのプレゼンテーションの1例を紹介いたします:

1. 対話のきっかけを作る

Wii リモートコントローラー貴社の展示会ブースに設置したモニタに3Dモデルを表示させ、Wiiコントローラでモデルを回転させたり、移動させている姿を見せましょう。

ブースのそばを歩いている来場者はその行動に興味を引かれ、そして立ち止まり貴社のブースに注目し始めるはずです。

立ち止まり注目している来場者を見つけたら、早速、Wiiコントローラを渡してモデルを動かしてもらいましょう。

来場者は貴社のブースへの関心を持ち始め、あなたは来場者への製品紹介を始めるきっかけを得ました。さあセールストークを始めましょう!

2. 楽しませて興味をひきつける

3Dメガネ来場者への製品説明だけでなく、楽しめるコンテンツも必要です。興味を持ってブースに訪れた来場者に3Dメガネを渡しましょう。

実際に視覚に訴える3Dの立体イメージは確実にブースへの来場者に強い印象を残します。

そして来場者がブースを後にする際に、使用した3Dメガネをプレゼントして下さい。後日、興味を持った来場者はメガネに印刷されたURLから再び3Dカタログにアクセスするはずです。

3. アナログとデジタルの架け橋

ARパンフレットでより強いインパクトを

従来のチラシやパンフレット等の印刷物は、昨今では来場者にインパクトを与えることが出来なくなっています。

それでも、印刷物は必要でそれを用いて来場者の興味を引かなければなりません。そこで革新的なARパンフレットを活用してください。仮想現実を体験さえることで大きなインパクトを来場者に与えることができます。

印刷物の上のARマークから飛び出した3Dモデルは多くの人々を楽しませることができるはずです。

4. 展示会後のフォロー

QRコードによるフォローアップ

あなたは貴社の展示会ブースへの来場者を楽しませ貴社製品に興味を持たすことが出来たはずです。

しかし、興味を持ってもらった来場者の印象が薄れないうちに、貴社のウェブコンテンツへアクセスしてもらうための容易な手段を準備しておくことが重要です。

そこで、貴社のコンテンツのURLをQRコードで準備しておけば、来場者はスマートフォンから簡単にアクセスすることができるので、名詞やメールアドレスと共にQRコードで電子カタログへのリンクを渡しておきましょう。