パーツ管理システムPARTsolutionsの導入の結果として、開発初期においても選択部品の削減が実施されるようになります。 
Frank Jürgens
Manager Standardization Department ESS
MAN Truck & Bus AG

「不適切な購買」Maverick Buying

Marverickとは?

「Maverick」の言葉の由来は、アメリカテキサス州の開拓者「Samuel A.Marverick(1803-1870)」にちなんでいます。
彼は政治家で弁護士、そして畜産家でしたが、自分が所有する牛に焼き印を押さなかったという、当時としては少々異端者でした。焼印の無い牛は「Marverick cattle」と称され一般的には知られていましたが、英語の意味合いとしてのMarverickとは「非順応的で自由、独立的な行動を考え実行する人」の代名詞となります。

Maverick Buying

「Maverick buying」または「Wild purchase」とは標準的な調達プロセスを無視し、供給管理から外れている「不適切な購買」の意味をもちます。

例えば、社内においてとある1部門が購買部門との協同なしに独立してパーツや原材料、サービスを購入してしまうという事例が該当します。

CADENAS PARTsolutions avoids Maverick Buying

Maverick Buyingによるデメリット

  • 価格比較することなしの購買

  • 同一パーツを異なる複数のサプライヤから供給

  • 交渉なし、もしくは下手な交渉による高価調達

  • 購入のための協定、契約ルールの損失

CADENAS PARTsolutionsは優先すべきパーツ、サプライヤパーツを、ただ単にパーツカタログライブラリとしてとらわれるのではなく、購入調達方法等を含めた幅広い閲覧をすることが可能となります。設計者はパーツの選択時によりリーズナブルなパーツを選択することが可能となります。