我々は、今日利用できるテクノロジーの徹底的な比較の後、PARTsolutionsを選びました。それはまた世界中のエンジニアのデスクトップに自社製品を入れるためでもあります。 
DE-STA-CO

「作るべきか、購入すべきか」Make or Buy

多くの企業では、いまだ自社製作部品が多いのではないでしょうか?

マーケット上には代替となる、サプライヤが供給するパーツ(購入品)が多く存在します。サプライヤパーツの利用率を増やすことにより、設計品の性能をより高めるための設計時間が確保できるのではないでしょうか。

製品コストを40%以上削減

製作するか、購入するかの意思決定には、企業内にあるパーツの生産・製造に関する特別なノウハウが必要となり、そしてどのパーツがサプライヤから購入可能かなどを、まず分析する必要があります。

内部製作コストとサプライヤパーツのコストを比較すると、部品コストの40%以上を節約することが可能となります。

PLM・ERPによる分析

「作るべきか、購入すべきか」の判断をするためには、PLMやERPの情報ではあまりにも不十分となります。

Make or Buy: With CADENAS PARTsolutions you make the right decision

PARTsolutionsを使用した場合、システム内の情報だけではなく、システム外部(サプライヤ情報)を考慮し、そこにある膨大なパーツ郡の中から、同一、または類似パーツを発見し、使用することができます。