パーツ管理システムPARTsolutionsの導入の結果として、開発初期においても選択部品の削減が実施されるようになります。 
Frank Jürgens
Manager Standardization Department ESS
MAN Truck & Bus AG

ERP&パーツ管理

CADENAS の戦略的パーツ管理システム PARTsolutionsを既存の資材管理を行っているERPシステムに統合することによって、マスタデータの情報は常に正確に維持されます。

品目マスタデータの自動転送

ERPシステムと統合することによって、品目マスタデータフィールドには自動的にPARTsolutionsからの属性が転記されます。 PARTsolutionsで表示されている品目レコードはERPシステムのクエリに自動的に挿入されます。そのため、入力ミス等による人為的ミスからは回避され、結果としてクリーンなマスターデータが構築されます。

Adoption of component attributes into the material master data of the ERP system

クリーンではない、不正確、または不完全なマスタデータは、企業におけるパーツの管理に大きく影響します。例えば既にデータベースに存在するデータを再度生成してしまう、またあるいは利用可能なはずのパーツのレコードを再度発行してしまうなどの問題があります。