クラシフィケーション vs インテリジェント検索

社内においてパーツのマスタデータを検索する方法として、いかにマスタデータの情報をきちんと処理することが、社員がマスタデータを有効に活用できるかに関わってきます。

見つけるためのふさわしいメソッドは?

伝統的なクラシフィケーションか、半自動クラシフィケーション、または、インテリジェントな検索のいずれか、CADENAS 戦略的パーツ管理システム PARTsolutionsの革新的な機能は、すべてのエリアでベストなソリューションを提供します。

 従来の分類PARTsolutionsの
半自動分類
PARTsolutionsの
インテリジェント検索
分類システム
事前の分類の必要性

分類システムを
構築することが必要

分類システムを
構築することが必要

分類の必要なし

分類する

前準備が必要

労力を必要とする

ある程度、自動分類
厳密な分類は手動

分類の必要なし

分類のコンプライアンス
/ユーザ

 

 

操作と教育

ほとんど不要
但し、分類システムの
ナレッジは必要

簡単な操作
但し、分類システムの
ナレッジは必要

ユーザは集中的な
トレーニングが必要

経験の少ない
ユーザの場合

 

 

バックグラウンド検索が有効

明確に分類されたクラスから正確に検索

条件による

無効な値での検索

 

 

革新的な検索がある

どのような部品に適しているか 単純なものから複雑なパーツ 形状が変化するパーツ。例えばオイル、電線など 単純なものから複雑なパーツ 形状が変化するパーツ。例えばオイル、電線など スケッチで表現できるパーツ、独特のトポロジーを持つ複雑なパーツ、CADジオメトリのパラメータを使って、複雑な幾何学的形状を有するパーツ