2019

2019年9月、DOCERAM社はCADENAS GmbHのeCATALOGsolutionsテクノロジーをベースとした自社製品の新しい3D CADポータルを公開しました。新しい3D CADポータルにより、溶接治具向けデジタルツインのオンライン選定とCADダウンロードが可能になり、開発段階でエンジニアや設計者を効果的にサポートします。

Game4Automationは、エンジニアや設計者に500を超える部品カタログの数百万もの3D CADモデルへのアクセスを提供しています。部品メーカーのオリジナルデータはCADENASのeCATALOGsolutionsテクノロジーをベースとしており、自動化環境における視覚化、バーチャルコミッショニング、バーチャルリアリティー(VR)、拡張現実(AR)の無料開発フレームワークとしてのGame4Automationにダイレクトに組み込むことができます。

秋になるとキノコが急速に育ちますが、それだけではありません。3D CADモデルのダウンロード数も急速に増加しています。2019年10月、世界中のエンジニアや購買担当者が500以上の部品メーカーカタログから39,355,366点のCADデータをダウンロードしました。3D CADモデルのダウンロードには、CADENASが開発した3Dデータの革新的なビジュアル検索エンジン3D find.itも寄与しています。

工具・金型製作における標準部品メーカーMDL EuropeはCADENASの電子製品カタログを利用することにより、自社製品の3Dデータダウンロード数を9か月間で約4倍に増やすことができました。

CADENASはCADソフトウェアBricsCAD向けの新たなプラグインをリリースしました。これにより、ユーザーは700以上のメーカーカタログの3D CAD/BIMモデルにBricsCADからダイレクトにアクセスできるようになります。

秋になるとドイツでは色とりどりの凧が空高く揚がりますが、それだけではありません。3D CADデータのダウンロード数も上昇しています。2019年9月、CADENASが提供する500以上の部品メーカーカタログから月間38,025,278件のCADデータがダウンロードされました。

部品を分類する前に次の3つのポイントを確認しましょう。

  1. 何故分類するのか?
  2. どんな分類構造/規格を使うべきか?
  3. 新しい部品を追加する際にクリーンなデータを維持する方法は?

貴社がオンラインの顧客に3D CADモデルを提供する最良の方法を探すとします。

しかし、どういった機能が顧客を満足させ、リピート率を上げることができるでしょうか。

どんなテクノロジーが、何故必要なのか、そして貴社のビジネスに最適なソリューションを見つけるのに必要な質問(及び回答)について探ってみましょう。

ニワシドリと呼ばれる鳥は繁殖期になると色とりどりに飾り立てられた庭を造って雌の気を引こうとします。製造業の世界でも、メーカーは自社製品が目立つように独自の色を使用し、顧客に覚えてもらおうとしています。色が部品探しの決め手となることがあるため、PARTsolutionsは革新的なカラー検索を提供します。

CADENAS GmbHは3D CADダウンロードポータルPARTcommunityの最新バージョンをリリースしました。Ver.9では、CADエンジニアリングデータのダウンロードに加えて必要な部品の検索も簡単になり、使い勝手が向上しました。さらに、ダウンロードポータルでCADモデルを提供する部品メーカー向けに効率的な市場分析を実現する先進的な統計ツールを実装しました。

3DデータダウンロードポータルPARTcommunityからのエンジニアリングデータの5月の月間ダウンロード数は3月、4月に続いての記録更新となりました。3か月連続の記録更新は初の快挙です。PARTcommunityで配信されている500以上の製品カタログから5月にダウンロードされたCADデータは、月間35,184,840点に上りました。

キャデナスは豊富なセールス経験を持つTomas Erikssonを将来のスカンジナビア市場の現地担当者として迎えました。2019年6月より、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークの顧客や見込客に戦略的パーツマネジメントや電子製品カタログなどの優れたサービスを提供し、ドイツのメンバーとの密な連絡によってスカンジナビアでの事業を拡大します。

ネイティブフォーマットのCADモデルダウンロードを提供することで、エンジニアの貴社へのロイヤルティを高めることができます。

イノベーションの成果:PARTcommunityの4月の月間ダウンロード数は32,149,178点に上り、前月を上回る新たな記録を打ち立てました。

SIG Combibloc GmbHは無菌包装システム及びソリューションを提供するリーディングカンパニーです。2005年以来、キャデナスの戦略的パーツマネジメントPARTsolutionsを有効活用しています。2019年に従来のCAD/PLMソフトウェア環境を変更する予定ですが、戦略的パーツマネジメントにより、環境が変わった場合でも部品データを移行できるようになります。

Bel Fuse Inc.は電子部品の世界的なメーカーであり、電子回路に電力供給・保護・接続を行う製品を製造しています。Bel Fuseはこの度、その中核製品の3Dモデルのインタラクティブなカタログをリリースしました。

優れたデジタルカスタマーエクスペリエンスを実現するために、部品メーカーは未来だけでなく過去まで見据えたテクノロジーを提供するべきです。

冬が過ぎ暖かくなってきたこの時期に、PARTcommunityが新たな記録を打ち立てたことをお知らせします。3月の1か月間にエンジニアや購買担当者によってダウンロードされたエンジニアリングデータは31,222,730点に上りました。1998年より提供しているキャデナスのCADモデルダウンロードポータルでは、過去7年間に10億点以上のCADデータがダウンロードされています。

エンジニアが別々の製品ラインのデジタル部品を組み合わせることができるようにすることで、顧客の設計プロセスを簡素化しましょう。

顧客とよりよい関係を築き、そのニーズと課題に応えるために、部品メーカーはエンジニアのことをよく知らねばなりません。米IEEE GlobalSpecがエンジニアを対象に行った調査結果をもとにした考察をまとめました。顧客との関係を築く上でお役立てください。

日常業務にタブレットやスマートフォンを使うエンジニアが加速度的に増えています。3Dカタログをモバイルアプリに組み込むことで、部品メーカーは次世代エンジニアのニーズに応え、モバイルを戦略的な販路として活用できます。

「早起きする鳥は虫を捕まえる」という諺はキャデナスのPURCHINEERING 2.0のコンセプトに当てはまります。戦略的パーツマネジメントPARTsolutionsにより、購買部門が製品開発のプロセスに早期に関与することが可能となります。

オンライン市場の革命により、今日のビジネスではデジタルカスタマーエクスペリエンスが重要となっています。顧客を満足させ、顧客の仕事をより簡単にし、顧客に必要な製品を正しく提供するためには実際にどうすればいいのでしょうか?

デジタル化によって製造業のあり方が変わる中、私たちがeCATALOGsolutionsを提供する理由と方法について米CADENAS PARTsolutionsのCEO、Tim Thomasがご説明します。

部品メーカーが顧客との接点を繋ぐ方法の1つが、3D CADモデルを提供することです。エンジニアは部品データをダウンロードしてそのまま設計に組み込み、部品がニーズに合っているかを購入前に検証します。

デジタル製品カタログにより、部品メーカーと顧客は互いの専門知識を活用してパーソナライズされた製品を作成できます。

一見するといくつかの部品が似通っているように見えることがよくありますが、それは本当に同じ目的で使われるものでしょうか? 他の鳥の巣に産みつけられたカッコーの卵のように、本来あるべきでない部品が設計の中に簡単に潜り込み、たくさんの余計な仕事を引き起こします。こうした事態を防ぐためにCADENASは類似形状検索GEOsearchを開発しました。

「CADカタログとCADライブラリはどう違うのか?」「CADライブラリは既に持っているのに、どうしてCADカタログが必要なのか?」この質問にお答えします。

米パーカーの北米電気機械・ドライブ事業部はParker T-Slot Aluminum Design Architectのリリースを発表しました。これにより、あらゆるスキルレベルのユーザーがパーカーのTスロットアルミニウムフレームコンポーネントから迅速かつ簡単に製品を設計することができます。

過去数年間におけるPARTcommunityの3D CADモデルのダウンロード数の急速な増加は衰えていません。2018年、世界中のエンジニアや購入者が、500を超えるPARTcommunityのメーカーカタログから297,111,618点のCADエンジニアリングデータをダウンロードしました。

IronCADはユーザーに新たなサービスを提供します。エンジニアと設計者は500を超える部品カタログに収録された数百万点に及ぶ3D/2D CADモデルにIronCAD上で直接アクセスできるようになりました。新しいカタログや追加データはいつでもアップデートなく利用できます。