未加工部材の検索

戦略的パーツ管理システムPARTsolutionsは、既存のデータベース内の完成部品からその完成品が製作可能な未加工部材(ワーク材)を見つけることができます。
(未加工部材はあらかじめ登録しておく必要があります)

完成した部分はすべての部分において未加工部材よりも小さい寸法である必要があります。
また、材料を除去する歩留まり率を定義して検索することもできます。

Video: Unmachined Part Search

Video: 既存のワーク材の検索

損失率と重複についてのレポート

未加工部材の検索は、完成部分がどの未加工部材から製作が可能であること、どれだけ材料が除去されなければならないかを考慮して検索が実行されます。

オーバーラップ表示をすることによって未加工部材と完成品を比較し、視覚的に確認することが可能です。レポートでは、形状の比較検討等が実行できます。

利点

  • 未加工部材の標準化をサポート

  • 完成品と未加工部材の重ね合わせ表示

  • 切削部分の計算

  • 完成した部品は自動的に未加工部材に割り当てられます

  • 逆の検索をすることも可能です:
    未加工部材から製作可能な完成部品を検索することもできます

  • 鋳物部品にも適用可能です